【活動報告】リアルインターンシップ「EVOLVE 」

9月11日をもちまして、株式会社サンケイエンジニアリング(以下、SKE)と弊社が共催で実施したリアルインターンシップ「EVOLVE 」が終了しました。

今回はリアルインターンシップ「EVOLVE 」の様子をお届けしたいと思います!

*リアルインターンシップ「EVOLVE 」とは?
−中小企業が抱えるリアルな課題を発見し、その解決策を学生目線から提案する長期プログラム。

学生ならではのアイデアや独創性を駆使し、企業に実践的なPR戦略などを提案。
ただのアイデアピッチイベントにとどまらず、入念な企業研究を通じ、企業の本質を捉える力と実践的なスキルを学べるプログラムとなっています。

第1回オンライン事前勉強会−7月18日

「EVOLVE 」は7月18日、幕を開けました。そこでは自己紹介に重きを置いたアイスブレイクから始まり、オンライン開催ならではのトラブルもありましたが、参加者同士打ち解けることができました。
アイスブレイク終了後はいよいよ勉強会。
SKEの笠原社長直々に企業説明を行って頂きました。またチーム分けを行い、2か月間を共に過ごすチームメンバーが決定。
チームに分かれ、企業説明や事前に配布していた資料、本から得た感想や違和感の共有を実施。
我々学生がビジネスの世界、特に中小製造業に触れる機会は少ないこともあり、企業情報のインプットには少々苦戦している印象を受けましたが、「なんとか理解してやろう…!!!」という参加者の姿勢に、「プログラム終了となる2ヶ月後にはどんな提案が出てくるのだろうか」とワクワクした、そんな勉強会でした。

第2回オンライン事前勉強会−8月1日

第2回勉強会では最終コンペの方向性についてチームごとに話し合い発表し、笠原社長より直々にフィードバックをいただきました。
笠原社長の的確かつ熱い想いの感じられるコメントは、参加者だけでなく我々運営側にも突き刺さりました。
当勉強会では、参加学生の笠原社長愛とSKE愛が一気に深まり、プログラム全体に取り巻く熱がさらに一層高まりました。

しかし、ここで残念なお知らせが…。

当初は8月19/20日にSKE本社視察をオフラインで行う予定でしたが、コロナウィルスの影響もあり、視察は中止に。
急遽8月19日に社内の様子をオンライン生配信で行う形になりました。

オンライン本社視察−8月19日

弊社代表の田中と営業の古林が生配信のサポートとしてSKEにお邪魔させていただいたのですが、初の試みに戸惑ってしまう場面も多々ありました。しかし、笠原社長だけでなく、参加学生からの「なんとかして最終コンペのための情報を引き出そう」という貪欲な気持ちに支えられ、無事終了することができました。

オンライン中間発表会−9月2日

参加学生はこの日に向けて、念入りな準備をしてきました。
しかし、慣れないオンラインでの提案ということもあり、最大限に魅せられなかったのか、笠原社長は内心「最終コンペ大丈夫か?」と不安だったそうです。

オフライン最終コンペ−9月11日

待ちに待った最終コンペ。前回の中間発表では、オンラインという状況下でなかなか提案を魅せられなかったということもあって、最終コンペはソーシャルディスタンスや消毒やマスクを徹底した上でVoltageで開催することになりました。

この日のために、2ヶ月間かけて練って練って練り上げた渾身の提案を各チーム発表してもらいました。
9日ほど前に実施した中間発表の状況からは考えられないほど、各チームそれぞれ素敵な発表で、度肝を抜かれたことを今でも覚えています。


「企業PR」をテーマとした当プログラム。
正直、発表内容が多少似通ってくるだろうとも予測していましたが、その予想はいい意味で裏切られました。
というのも、同じ勉強会を受けたにも関わらず、チームごとに切り口や伝え方は違い、チーム毎の個性が滲み出た提案内容でした。

チーム①はSKEを漫画で表現するという斬新なアイデア。
チーム②はSKEと他者企業を徹底的に分析し、導きだしたデータに基づく未来戦略。
チーム③はSKEの強みである譲れない「想い」をベースに作ったスライド。

各チームの個性がぶつかり合い、優勝チームを決めるのは本当に悩ましく、難しいものでした。

結果発表

最も素晴らしい提案をしたチームには、最大賞金15万円が贈呈される当プログラム。
どこのチームも素晴らしかったので結果はなんと山分けに…!!!

当プログラムを通して得た、学生からすると少々取っつきにくい中小製造業を漫画で表現するというアイデアやSKEの「日本の中小製造業を世界の中核へ」という譲れない志が滲み出たスライド、学生ならではの未来戦略は今後、参加者も交えながらブラッシュアップして世に発信していきます。

−自分たちが誰かのため、今回であればSKEのために「自分たちには何ができるのか」「何を求められているか」と思考し行動し続けた結果、個性あふれた素敵なアイデアが生まれ、世に出回る。
−自分が必死になって制作したものが使われ、誰かの行動を左右する。

学生のうちに、こういった経験ができることは非常に価値があるだと思います。
これまでに無い、新たなインターンの形なのではないかと自負しております。

当プログラムが、株式会社サンケイエンジニアリングにとっても、参加学生にとっても実りあるものであったならば、幸いです。
今後とも、面白い企画をどんどん発信して行けたらと思いますので、是非我々に注目していただけると嬉しいです。
引き続きどうぞ、よろしくお願いします!

**********************************************************************
株式会社VMK
◆〒602-0823
 京都府京都市上京区今出川通出町西入三芳町158番地
◆HP:https://voltage.vmk.co.jp
◆公式Twitter:https://twitter.com/voltage_kyoto
◆お問い合わせ:info@vmk.co.jp

株式会社サンケイエンジニアリング
◆〒222-0033
 神奈川県横浜市港北区新横浜2丁目14番地2号
 新横浜214 2階
◆HP:http://sankei-engineering.com/
◆公式Facebook:https://www.facebook.com/sankeiengineering/
◆お問い合わせ:
【TEL】045-470-5320
【FAX】045-470-5319

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です