デジタルトランスフォーメーションって何?

はじめまして!Voltage広報担当の土屋俊輔と申します!

今回は、デジタルトランスフォーメーション(DX:以下DX)について、0から一緒に学んでいきましょう!という記事になります。

正直、調べても調べても奥が深く理解するのが難しい概念だなと思うのですが、自身の知見を深めるためにも、実例を交えながら書いてみました!

まず、そもそもDXって?

みなさんはDXという言葉をご存知だったでしょうか?

私自身、今年に入ってから新聞で初めて知り、最近よく見聞きするようになったなと感じています。しかし、DXという概念は既に2004年にスウェーデンのウメオ大学教授、エリック・ストルターマン氏によって以下のように提唱されています。

「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」

ざっくりとした内容ではありますが、本当にそうですね。身の回りを見渡してもITを使われていないものを探す方が難しいかもしれませんね。

また、日本でも2018年に経済産業省が「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」でDXを定義しております。

「企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。」

これによって、企業にとってのDXが明確になりました。

DXは、ただ単に製品やサービスなどを変革するだけではなく、その企業が持つ在り方自体も変革していくことなんですね。

DXって最近よく見る気がする…

最近、DXという言葉を見聞きすることが多くなってきたなと思うのは気のせいでしょうか?

私自身、大学生で社会のことをまだまだ知らないことは大いにあると思いますが、新型コロナウイルスの影響が非常に大きいのではないかと考えます。コロナウイルス感染拡大によって、人々の生活スタイルはガラッと変わることになりました。その為、在宅勤務やサテライトオフィス勤務など働き方の多様化が加速し、従来のアナログ的な業務プロセスや情報システムで問題を抱える企業が増えたからではないでしょうか。

そんな状況を解決すべく、デジタル化に対応しようとする企業が急速的に増えたのではないでしょうか。

今、このDXによって世の中が

どのように変わろうとしているのか

あらゆる産業でデジタル技術を活用して、これまでにない革新的なビジネスモデルを展開しよう、挑戦しようとする企業が増えています。

日本経済新聞で取り上げられている最近のDXトレンドに触れながら、見ていきましょう。

企業がデジタルの力で経営を変革するDX:ディスカウントストア業界

日本経済新聞 2020/08/27(木)

ーーーーー

大手ディスカウントストアのトライアルホールディングスは、客の行動分析を進めている。約700台に及ぶカメラを店内に設置し、何を手に取り、どの棚で立ち止まったのかを可視化。「何を買ったか」だけでなく、「何に興味を持ったか」までを踏み込み、客をひき付ける売り場を作る。

自社開発のデジタル機器を導入した店をスマートストアとしてオープンした。普通の買い物と違い、「スマートカート(手元にタブレットとバーコードリーダーが搭載)」の活用によりカートで決済を完結し、読み取った商品に応じたレシピやおすすめ商品などを含む広告を提示できることを実現した。また、店内のAIカメラが客の行動をくまなく観察しデータ化する。両者の最新技術が「いつ、何が、いくらで売れたか」に加えて、買い物のプロセスまで観察することを可能にした。

スマートストアで得られたデータは約260社のメーカーや卸と共有する。この結果、発注量を最適化して売り逃しを防ぎ、より客を引きつける陳列を導き出せる。今後、スマートストアの店舗数を増やし、「リテールDXという市場を作る」ことを狙いながらプラットフォーマーへの脱皮を目指す。

ーーーーー

すごすぎますね。。テクノロジーがふんだんに使われています。

上記の記事で思ったことは、ただ最新のIT技術を導入するだけでなく、どのように顧客の行動履歴(データ)を取得する仕組みを作り、そのデータを基に顧客に対してどんな価値を還元できるのか、それを改善していくサイクルを速めていくことなのではないか、と素人なりに思いました。

また、今回取り上げた内容と似ている取り組みとしては、JR高輪ゲートウェイ駅で無人コンビニ「TOUCH TO GO」が挙げられますね(他にもあると思いますが…)。コンビニが無人化、一昔前では考えられなかったことが実現し、普及が進む段階まで来ています。今後、今回のようなスマートストアが着々と全国的な拡大を遂げていきそうです。

ITの可能性は、本当に無限大のように感じますね。

このようなDXによる変化は、上記で挙げたディスカウントストア業界だけではなく、様々な業界で起きています。最新DXの取り組みを紹介できるよう更新していきますので、これをきっかけにDXに興味を持っていただければ幸いです。

また次の記事で~

土屋俊輔

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です